埋没法による二重まぶた手術の後の抜糸方法2

ところで埋没法で二重まぶた手術を行なった場合の糸の存在部位としては、三つに分類できます。その三つとは具体的に言えば、皮膚皮下、筋肉内、それに瞼板前という三つに分類できます。埋没法の瞼板固定法では、糸の結び目が瞼板前の深い所にあることが多いのです。この場合他の埋没法と異なるのは、糸の発見が難しくて、抜糸が困難を伴うということです。一方、糸の結び目が皮膚皮下にある場合は、糸の結び目が青く透見されます。この場合は容易に穿刺切開法を使って抜糸ができます。また糸が筋層にあるという場合、皮膚面での変化が乏しく、従って特に問題となることがありません。また抜糸をする場合にも比較的容易に抜糸ができます。従って以上の話からまとめてみた場合、埋没糸の存在部位は筋層が適切であると思われます。
ところで二重まぶた手術における埋没法は、何と言っても「簡単にできる。」というメリットがあります。まるで毎日のメイクを施すかのように、いとも簡単に二重まぶた手術ができてしまう、それが埋没法による二重まぶた手術です。その一方で埋没法にもそれ相応の欠点が有ります。その最たる物が、埋没法で二重まぶた手術ですると、二重まぶた手術をした後で元に戻ってしまう、という点です。言い換えれば、元に戻らない埋没法はない、ということです。
時々雑誌の広告等で、二重まぶた手術を行う美容外科やクリニックが「当院の埋没法は、元に戻らない、永久保障します」などといった宣伝をしていることが有ります。ですが仮にこのような宣伝を見かけたとしても、それをそのまま鵜呑みにすると、それは危険であると言わざるを得ません。と言うのも、往々にしてそのような美容外科、クリニックでは複雑な糸の掛け方をしているのです。例えば埋没糸の本数を増やしたり、或いは複雑な糸の掛け方をしています。埋没糸は安全な材質でできている、といっても所詮は人体にとっては異物です。そうなればなるほど、異物としての副作用が増すとともに、同時に抜糸が難しくなってきます。まぶたの裏側の炎症は抜糸をすることで治まりますが、まぶたの裏側の瘢痕(傷あと)は消失することはなく永続します。従って二重まぶた手術を行なう際には、そのあたりの旨をよく理解しておく必要があります。
先に挙げた雑誌宣伝等のケースでは、例えば「抜糸をすれば元に戻るから安心です。」等と紹介されていることもありますが、これは間違いであると言わざるを得ません。というのも、一たび埋没法による二重まぶた手術を受けると、たとえ抜糸しても、二重まぶた手術の後で皮膚の陥凹、癒着、それに浅い二重ライン等が残り、完全には元のまぶたに回復することがありません。従ってこのことも二重まぶた手術を受ける前に理解しておく必要があります。

ちなみに抜糸手術を受けた場合、場合によっては埋没糸がなかなか見つからず、埋没糸が発見できるまでに一時間、ないしは二時間もかかることがあります。ですが二重まぶた手術を執刀する医師としては、二重まぶたに関する深刻な悩みを解消したいという患者の期待を裏切ることなく二重まぶた手術に取り組まなければなりません。従って粘り強く、そして尚且つ慎重に、そうしてまぶたへの負担を最小にするべく努力しなければならないと考えます。何度も言いますが、二重まぶた手術の埋没法で使用する糸ですが、「埋没糸は異物」です。従って二重まぶた手術の後で抜糸がしやすいように、しかも一生涯異物による副作用が起こらないような埋没糸の掛け方を行うことが大切です。

『埋没 抜糸』 最新ツイート

@0208ytn

抜糸って聞いてて緊張しながら行ったのに、なんか埋没方とかで抜糸なかった!!!

37分前 - 2017年10月17日


@lllnym

結局バウムで 目付き矯正、自然癒着(埋没修正)、目尻切開5mmをして3日目です😊 1日目は目も開かなかったけど今は赤みとかも落ち着いた(*^^*) 明日抜糸して帰国します🌟 https://t.co/QZC6Ybibax

1日前 - 2017年10月15日


Valuable information

Last update:2017/1/5