埋没法による二重まぶた手術の後の抜糸方法1

ここで埋没法による二重まぶた手術の後の抜糸の方法について触れておきましょう。埋没法による二重まぶた手術の後の抜糸には、所謂皮膚側アプローチと呼ばれる方法と、結膜側アプローチと呼ばれる方法とがあります。またこのうちの皮膚側アプローチには、皮膚を切る長さによって穿刺(せんし)切開法、小切開法、それに全切開法があります。ほとんどの埋没法では皮膚側に埋没糸の結び目があるので、基本的な抜糸方法としては皮膚側アプローチであり、しかも傷跡の短い穿刺(せんし)切開法を行っています。
ここではやや難しい話になりますが、それぞれの抜糸方法について見ていくことにします。
まずは抜糸方法の一つ、穿刺(せんし)切開法と呼ばれる方法では、埋没糸の存在が予測される皮膚に1?2mmの刺し傷(穿刺切開)を加えて、そうして糸を探し出して抜糸をします。これはある美容外科医師の話ですが、数々の二重まぶた手術を手がけてきたこの人の経験上、この穿刺切開法では半径6mmほどの範囲にある埋没糸は十分に抜糸可能だということです。この時の傷跡は多少残るものの、その後はほとんどわからなくなるぐらいにキレイに治るようです。
もし一ヵ所の穿刺切開法でも埋没糸が発見できない場合は幾つかの選択肢、方法がありますが、この場合傷口を大きくするよりも、敢えて別の部位に刺し傷(穿刺切開)を加えた方が、そのほうが傷跡が長くならず、そして傷がキレイになるということです。たとえ多数の刺し傷ができたとしても、治り方はキレイになります。
次は数ある抜糸の方法のうちの二番目、小切開法について紹介します。小切開法は、穿刺切開法で抜糸できない時、或いは埋没切開法の二重瞼手術を予定した場合に利用します。その具体的な方法としては、二重ラインの中央に3~4mmの長さの切開をし、穿刺切開法と同様の抜糸操作をします。この小切開法を用いた場合、大多数の糸が抜糸可能となります。
それから抜糸の三つ目の方法、全切開法です。全切開法はどのようなケースで用いるのかというと、小切開法でも抜糸できなかった場合、或いは全切開法の二重瞼手術を予定した場合に利用します。三つの方法を比較した場合、三つ目の全切開法が最も視野がよく、また抜糸を確実に行うのには適した方法ですが、この方法をもってしても糸が発見できないことがありますので、二重まぶた手術を行なう医師にとっても、そして患者にとっても注意を要します。

それから埋没法による二重まぶた手術を行なった場合の抜糸に関して、皮膚側アプローチと並ぶもう一つのアプローチである結膜側アプローチについてです。この結膜側アプローチですが、これは陳旧例でまぶたの裏側の結膜側に糸が露出している場合に、まぶたの裏側から糸をつまみ出す方法という方法です。なお、糸を引っ張っても抵抗があって容易に抜けない時は糸の結び目が解けていないと考えられます。従ってこの場合、皮膚側から穿刺切開法を追加して抜糸をします。

『埋没法』 最新ツイート

@futaeseikeibot

埋没法の術後のケアについて https://t.co/OgUEBE9vwK

43分前 - 2017年10月17日


@biyouseikei_bot

外見にそれなりに満足できるようになったら中身もちゃんと成長させような ##美容整形#埋没法#ダウンタイム

53分前 - 2017年10月17日


@STPS_KOREA

アメブロを更新しました。 『「二重まぶた手術」ST自然癒着埋没法で理想の二重まぶたにしよう!』 #埋没法 #二重手術 https://t.co/YGJ6Dvpizm

1時間前 - 2017年10月17日


recommend

2016/6/9 更新